肌を保湿させる、肌を綺麗にされるには

化粧品の有効成分を肌に浸透させることが大事

このようなことが化粧品を売るために言われていたりします。

脂漏性皮膚炎 保湿

実際に、肌に浸透することを売りにしている
美肌化粧水とか保湿剤などはけっこうありますよね。

脂漏性皮膚炎の人は一見脂性肌(オイリー肌)に見えるのですが、
実は混合肌(インナードライ肌)の場合が多いです。

つまりは根本的には乾燥肌であり、乾燥した肌を保護しようと
皮脂の分泌量が増えてしまい脂性肌になる、脂で顔がテカテカになるという感じです。

脂漏性皮膚炎で顔がテカテカになるという人でも、
洗顔後は肌に粉吹きがおきたりカサカサになるという場合があります。

実は私も以前はそうだったのです。

そして、そのような理由から脂漏性皮膚炎を治すには
皮脂を落とすことよりも保湿することが大事というように言われました。

これは脂漏性皮膚炎でない人であっても、脂性肌(オイリー肌)の場合は
保湿をしっかりすることで皮脂量が減るとされてきました。

そこで私は保湿が大事と信じ、
肌に浸透しやすいとされる化粧品をいろいろ試した時期がありました。

化粧水だけでなく乳液だったり保湿クリームなどいろいろです。

しかし、そういった化粧品を使い続けても私は
脂漏性皮膚炎は治らず皮脂量も全く減る様子もありませんでした。

それどころか脂漏性皮膚炎は悪化していったのです。

その理由は、肌に浸透する化粧品には合成界面活性剤が含まれています。
界面活性剤により肌への浸透を助けるのですが、
実はそれが肌にとってマイナスであり肌にダメージを与えていたのです。

つまり、肌に有効とされる成分であっても、
肌に浸透させることは少しも肌によって良くなかったわけです。

それなのに私は保湿が大事、肌への浸透が大事と
化粧水⇒乳液⇒保湿クリームと毎日朝晩洗顔後に肌に塗っていたのです^^;

全てに合成界面活性剤が含まれていたのですから、
化粧品を試す程に脂漏性皮膚炎が悪化していったことも当然でした。

界面活性剤だけでなく、防腐剤など殆どの化粧品には
添加物が含まれていて肌にダメージを与えてしまいます。

使えば使う程肌の力が弱まっていってしまい、
脂漏性皮膚炎も悪化してしまいます。

化粧品にお金をかけるのに肌が荒れるなんて悲しいですよね。

私は脂漏性皮膚炎を治すには肌の保湿でもなければ、
肌に何か塗ることでもなく体質を改善させることだと知りました。

私はこちらのおかげで脂漏性皮膚炎の体質を改善できました。

>> フジッコの善玉菌のチカラ

一度試してみてほしいと思います。