皮脂の分泌量を減らすには?あぶらとり紙がいらなくなった方法

脂性肌(油性)の方はあぶらとり紙を使う機会も多くなると思います。

あぶらとり紙 脂性肌(油性)

できるだけ肌にとって使わないほうが良いと分かっていても、
なかなか顔がテカったままにはしたくないですよね?

そこで皮脂の分泌量を減らすにはどうすればよいのか?

ですが、それは

出来る限り肌に刺激を与えない

ということがまず大事です。

脂性肌(油性)やインナードライ肌(混合肌)の人は
肌のバリア機能が失われてしまっていることが多いです。

肌本来あるはずのバリア機能が失われているために、
肌が乾燥してしまい、それを補おうと皮脂の分泌量が過剰になっています。

なので、皮脂の分泌量を減らすには(正常にするには)
肌のバリア機能を回復させることが大事です。

肌本来の状態に戻るにつれて皮脂の分泌量も減っていきます。

その為にはできる限り肌に刺激を与えないことが大事なのです。

化粧品を使わない

肌への刺激を与えないようにする一番の方法は、

化粧品を使わない

ということになります。

それはつまり肌に刺激を与えバリア機能を壊す原因は
殆どが化粧品にあるということです。

肌のバリア機能を壊す原因となる化粧品をやめれば、
自然と肌のバリア機能は回復していき正常になっていきます。

洗顔料にも化粧水や乳液、保湿クリームなどの基礎化粧品でも、
ファンデーション、日焼け止めなど様々な化粧品には
界面活性剤や防腐剤など肌のバリア機能を壊す物質が含まれています。

そして、例え無添加化粧品であっても無刺激ということはなく、
塗ることで肌のバリア機能を回復させる効果はありません。

なので、化粧品を何も使わない、肌につけないことが
肌のバリア機能を回復させる一番効果的で一番早い方法なのです。

皮脂の分泌量を減らしたいのであれば、
化粧品を使わないことが最も有効な手段となります。

洗顔を水洗顔に変え、洗顔後も何も肌につけない、
そのような何もしないスキンケアに切り替えることをおすすめします。

体の内部から脂性肌(油性)対策

脂性肌(油性)はスキンケアや肌そのものの問題だけでなく、
体内の状態、つまり体質も関係しています。

そこで、体の内部からの脂性肌対策となるのですが、
私はこちらのサプリメントをおすすめしています。

>> 【フジッコ】善玉菌のチカラ

いろいろなサプリメントを試してきた中で
こちらの乳酸菌のサプリが効果がありました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ