正しいスキンケアを続けると顔はテカらなくなる

顔がテカることで悩んでいる人の多くは
スキンケアの方法が間違っています。

脂性肌(油性)で顔がテカることにより間違ったスキンケアを続け、
さらに皮脂量が増えてしまうという悪循環です。

特に多くの間違いは化粧品による保湿です。

昔から化粧品により肌を保湿することで、
乾燥を防ぎ皮脂の分泌量を抑えられると言われてきました。

今でもそのように信じている人も多いですし、
私も以前は化粧品により念入りに保湿してきました。

朝、夜の洗顔後は必ず化粧水だけでなく、
乳液や保湿クリームと化粧品を重ね塗りして保湿していました。

「化粧水だけでは水分が逃げてしまうので、
 乳液、クリームと蓋をすることで保湿力が高まる」

というようなことが言われています。

化粧品会社からすれば、そのようなことが肌に良いということが常識になれば、
化粧品の消費量も増え売り上げもアップするので好都合です。

しかし、それで好都合なのは化粧品会社だけであり、
本当は肌は綺麗になるどころか皮脂量が増えたり肌荒れのリスクが高くなるだけです。

化粧品を使わないスキンケアで皮脂量が減る

化粧品には界面活性剤や防腐剤などが含まれているので、
塗っても肌にとってはマイナスになります。保湿力は養われません。

肌が潤うのは使ったその時だけで素肌にはダメージを与えます。

皮脂の分泌量を減らすには保湿が大事というのは全て間違いとは言えませんが、
化粧品を肌に塗っても肌の保湿力は落ちるので逆効果なのです。

肌の保湿力を高めるには何も塗らないのが一番です。

そして何も塗らないだけでなく、洗顔でも
洗顔料は使わずに水洗顔をすることが効果的です。

化粧品を使わないスキンケアを続けることで肌の保湿力は戻り、
それにより皮脂の分泌量も次第に減っていきます。

化粧品を使わない正しいスキンケアに切り替えれば、
次第に顔がテカらなくなるはずです。

スキンケアの改善と合わせてサプリメント

スキンケアの改善だけでなく、
サプリメントによる体質改善もおすすめします。

私は乳酸菌のサプリメントにより皮脂量が改善されました。

こちらの乳酸菌サプリを続けています。

>> 【フジッコ】善玉菌のチカラ

スキンケアの効果を高めるためにもおすすめです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ